嘘?本当?白井田七は乳がんに効果ある?

嘘?本当?白井田七は乳がんに効果ある?

嘘?本当?白井田七は乳がんに効果ある?

 

 

・日本人女性に乳がんが増えている

 

日本人女性の乳がんにかかる人の割合は年々増加しています。また、がんのなかでも最もかかる人の割合が多いものになっています。

 

日本人女性の乳がんになる割合が増えている理由はいろいろ考えられていますが、食生活の欧米化も大きな理由と考えられています。

 

現代では食生活の欧米化によって、昔と比べると高タンパクで高脂肪の食事を摂る人が多くなってきていますが、その影響で初潮から閉経までの期間が長くなってきていると言われています。

 

月経の時にたくさん分泌されるエストロゲンという女性ホルモンは、乳がん細胞を増やしてしまうことが分かっているので、初潮から閉経までの期間が長くなるということは、それだけ乳がんのリスクが上がってしまうことになります。

 

また女性の社会進出などによって、晩婚化や独身の人が増えていることも乳がんの割合が増えている理由と考えられています。

 

独身の人が増えたり晩婚化が進んでいるということは、妊娠や出産をする人が少なくなったり、遅くなったりしているということになります。その結果、月経の回数が増えエストロゲンの分泌量が増えることで乳がんのリスクが高まるとも考えられています。

 

乳がんは早期発見、早期治療が大切になってくるので、ちょっとでも疑いがある場合はすぐに検診を受けるようにするべきですし、そうではない場合も定期検診を受けることが大切になります。

 

 

 

 

・白井田七の乳がんに対する効果について

 

白井田七は、いろいろな女性の身体の悩みを解消することができるサプリメントとして人気となっていますが、乳がんに対しても効果を期待することができます。

 

白井田七の主成分のサポニンには、活性酸素を抑制する効果があります。

 

活性酸素というのは酸素の働きを促進させたり、細菌を撃退したりする働きがあるものの増えすぎてしまうと細胞にダメージを与えるようになってしまい、ガンの原因にもなってしまいます。その余分な活性酸素を抑制する効果がサポニンはあるので、白井田七を飲むことで乳がんの予防にもつながるということが言えます。

 

サポニンを多く含んでいる食材として高麗人参もよく知られていますが、白井田七の田七人参は高麗人参の7倍くらいの量のサポニンが含まれています。

 

活性酸素は、食生活の乱れや紫外線、ストレスなどでも増えてしまうので、乳がんを予防していくためには、白井田七に頼りっきりにするのではなく、日々の生活も見直していく必要があります。

 

 

下記に記事もチェックしてくださいね。

 

 

徹底調査!白井田七で月経過多に効く?