本当はどうなの?白井田七は心臓の動悸にも効く

本当はどうなの?白井田七は心臓の動悸にも効く

本当はどうなの?白井田七は心臓の動悸にも効く

 

 

・動悸の症状について

 

動悸とは、自分でも分かるくらいに心臓の動きが速くなったり、大きな鼓動になったりする状態のことです。

 

緊張や興奮をしたときや、長い階段をあがったり、運動をしたときなどに心臓の鼓動を感じるという経験が誰にでもあると思います。このように動悸が起こる原因がハッキリしている場合は、その原因となるものが過ぎ去ればその動悸も次第に治まっていきますし、治まれば特に動悸を気にすることもないと思います。

 

しかし、動悸を起こすようなことは特に無いような場面でいきなり動悸が起きてしまうことがあります。そういう場合は、心臓に何か問題があるのではないかと不安になる人もたくさんいると思います。

 

動悸を起こすような場面でもないのに、いきなり動悸が起きてしまいやすいのが更年期の人です。更年期の人の動悸では、動悸だけではなくめまいや耳鳴り、ホットフラッシュなどが併発することもあります。

 

 

 

 

・更年期の動悸の原因とは

 

更年期に生じる動悸の原因は、自律神経のバランスの乱れになります。自律神経は脈拍のテンポを調整する働きもあるので、自律神経のバランスが乱れていると脈拍のテンポをうまく調整することができなくなってしまいます。

 

どうして、更年期になると動悸の症状が出てしまうのかというと、自律神経をコントロールする部分と女性ホルモンのエストロゲンを分泌する指令を出す部分が同じであることが理由と考えられています。

 

更年期は女性ホルモンのエストロゲンの分泌量が大きく減少してしまいますが、それでもエストロゲンを分泌するように指令を出すことで、同じ部分の自律神経の働きにも支障が出ると考えられます。

 

また、自律神経は交感神経と副交感神経のバランスがとれていることで健康を維持することができますが、ストレスを溜め込んでいると交感神経が優位な状態が続いてバランスが崩れてしまいます。

 

 

 

 

・白井田七で自律神経の乱れを整える

 

白井田七はリラックス効果のある有効成分が含まれているため、副交感神経を活性化させて自律神経のバランスを整える効果を期待することができます。

 

自律神経のバランスを整えることで脈拍のテンポをコントロールする機能が正常になり、動悸の症状が起きにくくなることにつながります。

 

突然の動悸は不安になると思いますし、ストレスとなって自律神経を乱す原因となってさらに動悸を起こしやすくなるという悪循環に陥ってしまっている人は白井田七を飲んで悪循環を断ち切りましょう。

 

 

下記の記事も見てくださいね。

 

 

要注目!白井田七で自律神経のバランスを整えよう