役立つ情報!白井田七は肝臓病や肝臓癌に効果ある?

役立つ情報!白井田七は肝臓病や肝臓癌に効果ある?

役立つ情報!白井田七は肝臓病や肝臓癌に効果ある?

 

 

・肝臓が沈黙の臓器と言われる理由

 

あなたは、肝臓が沈黙の臓器と言われていることを知っていますか?

 

肝臓は体外から取り入れた栄養素を分解や合成を行って、体内でしっかりと働けるようにする機能をもっています。

 

また、老廃物を排出させるために必要な胆汁をつくり出す働きもありますし、体外から取り入れた有害物質を無毒化して体外へ排出する働きもあります。このように肝臓は代謝、消化、解毒という働きを全て行う非常に重要な臓器になります。

 

肝臓には3000億個もの肝細胞があるというのも大きな特徴で、肝臓に負担がかかって一部の細胞がダメージをうけても他の細胞によって再生されます。仮に4分の3切り取ったとしても4ヶ月くらいすれば元の大きさまで回復するくらい強い再生能力をもっています。

 

また、肝臓の内部には知覚神経がきていないため、多少の負担を受けていたとしても、ダメージを受けているというサインを出すことなく黙々と働きます。肝臓はこういった特徴をもつため沈黙の臓器とも言われています。

 

沈黙の臓器であるため、多少のダメージでは痛みなどの症状が出ないというのは一見いいことのように思えるかもしれませんが、不調を感じにくいためそのまま放置してしまい、肝臓病や肝臓癌といった大きな病気になるまで気が付かないケースも少なくありません。

 

 

 

 

・白井田七で早めのケアを

 

肝臓は沈黙の臓器であるため定期検診を行ったり、少しでも異変を感じた場合は病院で診てもらうことが大切になります。

 

また、日頃から食生活やアルコール摂取量の管理などを行なっていくことも大切です。さらに、白井田七というサプリメントでサポートしていくこともすごくおすすめです。

 

白井田七には肝臓の炎症を抑える効果があって肝細胞が破壊されるのを防ぐ効果が期待できます。

 

アルコールの飲み過ぎなど肝臓へ負担を与える状態を続けていると、肝炎となってしまいます。さらに肝炎の状態が続いてしまうと肝臓は次第に小さく硬くなっていく肝硬変へと悪化し、肝臓癌のリスクも高まってしまいます。

 

よって、白井田七によって肝臓の炎症を抑えることによって、肝炎の改善、肝硬変や肝臓癌の予防効果が期待できます。

 

もちろん白井田七に頼りきってしまうのではなく、アルコールを控えたり、食生活の見直し、適度な運動を行うなど、肝臓へ負担を与えないように根本的に改善や予防をしていくことも大切ですが、白井田七を飲むのは非常に効果的だと言えるでしょう。

 

次の記事もみてくださいね。

 

 

心配ない?白井田七の鼻血に対する効能は?副作用はある?