効果的に使いたい!白井田七で尿酸値を下げて痛風を改善できる?

効果的に使いたい!白井田七で尿酸値を下げて痛風を改善できる?

効果的に使いたい!白井田七で尿酸値を下げて痛風を改善できる?

 

 

・痛風とは

 

痛風とは足の甲や踵、手などの関節で突然生じる腫れや痛みのことです。痛風という名称の通り、風が当たっただけでも痛いというくらい激痛が走るのが大きな特徴になります。

 

激痛が走るまでにピリピリと違和感がするといった前兆があるケースが多いですが、多くの人は、違和感はあるものの我慢できないものではないのでそのまま放置してしまい、ある日突然激痛が走ってしまうことになってしまいます。

 

痛風の痛みは1週間前後で治まりますが、尿管結石や腎機能障害、動脈硬化などを引き起こしやすくなることが分かっています。

 

・痛風と尿酸値の関係について

 

痛風が生じてしまう原因は尿酸値と大きく関連しています。

 

尿酸値というのは血液100mlのなかに尿酸がどれだけ含まれているかを数値化したものです。尿がつくられる量と排出される量のバランスが崩れてしまうことで尿酸値は変化します。

 

排泄機能が低くなることなどが原因で血中の尿酸が増えて尿酸値が高くなると、尿酸が結晶になるのですが、その結晶が関節内で剥がれ落ちて関節炎となるのが腫れや痛みを引き起こすのです。

 

尿酸値が増えてしまう原因は魚卵やレバーなどに多く含まれているプリン体の過剰摂取やアルコールの過剰摂取、激しい運動などによる疲労、ストレスなどが考えられます。こういった原因となるものを取り除いていって尿酸値を正常な値にすることが痛風の予防や改善の基本になります。

 

 

 

 

・白井田七で痛風の予防や改善を

 

痛風の予防や改善のために、普段の食生活や生活習慣を正すことが大切になりますが、白井田七を飲むのもおすすめです。

 

白井田七の主成分であるサポニンには排泄機能を司っている腎臓の機能を高める働きがあるので、余分な尿酸を排出させる力を向上させることができます。しかもサポニンには消腫効果もあるため、痛風の腫れをひく効果も期待することができます。サポニンの他にも田七ケトンという成分の消炎効果によって、関節の炎症を抑えます。

 

このように白井田七の有効成分によって、症状を緩和させたり、尿酸値を正常な状態へと改善していくことが期待することができます。

 

痛風を経験したことがある人なら分かると思いますが、痛風の痛みはその場にうずくまってしまうくらいの本当につらい激痛なので、痛みが生じてから対策をするのではなく早めに予防するべきです。

 

尿酸値は高めだけどまだ症状は出ていないという人も日頃から尿酸値を高めてしまわないような生活習慣や食生活を送って、白井田七を飲んでしっかりと予防していきましょう。

 

下記の記事も見てくださいね。

 

 

白井田七で体質改善を

 

 

 

公式サイトはこちら ↓ ↓

 

 

健康診断が憂鬱な方に「白井田七」 白井田七の通販購入はこちら