効果あり?尋常性白斑に対する白井田七の効能について

効果あり?尋常性白斑に対する白井田七の効能について

効果あり?尋常性白斑に対する白井田七の効能について

 

 

・尋常性白斑とは

 

日本では尋常性白斑の人の数は10万人を超えると言われています。

 

尋常性白斑(じんじょうせいはくはん)とは、皮膚の色が白くなって白斑ができる皮膚の病気で見た目から白なまずと呼ばれることがあります。遺伝や神経、免疫などいろいろなものが関係していると考えられていますが、はっきりとした原因はわからないというのが現状です。

 

尋常性白斑は年齢を問わず発症しますし、痛みやかゆみなどの前兆も特にないため気が付いたら白斑ができていてびっくりしたという人がほとんどだと思います。

 

小さい頃から発症して体の片側に神経に沿うようにできる分節型と言われる尋常性白斑の場合は自然と消えていくこともありますが、基本的には治りにくいと言われています。

 

 

 

 

・尋常性白斑の治療方法について

 

尋常性白斑はまだ原因が解明していないこともあって、絶対に治るという治療方法はまだ確立されていません。

 

現時点での治療方法は、外用療法、内服療法、皮膚移植手術という方法があります。しかし、二十歳未満には手術は行われませんし、症状が出て長期間経っているものの場合は高い効果がのぞめなかったり、副作用があるため長期間の服用ができなかったりと、人と症状によっては薬の服用や手術が行えないこともあります。

 

自分によって適した治療方法を知るためにも、まずは医師に相談するべきです。また、症状が出始めたばかりであれば、治療ができるというケースもあるので、できるだけ早めに相談することをおすすめします。

 

 

・白井田七の効能について

 

尋常性白斑の対策として、白井田七というサプリメントを飲むのも有効な手段の一つです。

 

尋常性白斑の原因の一つとして活性酸素が過剰に発生していることが考えられています。活性酸素とは体内に侵入する細菌を除去するといった働きがある半面、増えすぎてしまうと他の物質を酸化させて、老化の原因となってしまうものです。

 

その増えすぎた活性酸素を除去する働きをもっているとしてサポニンという成分が非常に注目を集めているのですが、そのサポニンを豊富に含まれている田七人参のサプリメントが白井田七になります。つまり、余分な活性酸素を除去し免疫力をアップさせるという白井田七の効能によって尋常性白斑の予防や改善につなげるというわけです。

 

白井田七なら副作用の心配もありませんし、ステロイドによる副作用が心配で外用療法や内服療法を控えているという人でも安心して飲んでいくことができます。

 

下記の記事も見てくださいね。

 

 

チェックしておこう!子宮腺筋症に白井田七は有効か?