【意外な落とし穴も…】白井田七の効果・効能まとめ!

チェックしておこう!子宮腺筋症に白井田七は有効か?

【意外な落とし穴も…】白井田七の効果・効能まとめ!

 

 

・子宮腺筋症とは

 

皆さんは子宮腺筋症をご存知でしょうか?

 

子宮内膜症なら知っているという人も多いと思います。子宮内膜症というのは子宮内膜が何らかの原因で子宮以外の部分で発生してしまうことですが、子宮内膜が子宮の壁(筋層)に発生してしまうのを子宮腺筋症といいます。

 

子宮腺筋症は40代の人に発症するケースが多いですが、最近では20代、30代でも発症する人が増えてきています。

 

子宮腺筋症の主な症状としては激しい生理痛や生理中の出血が多くなったり、不妊症などがあります。特に子宮腺筋症の人の生理痛は通常の生理痛とは比較にならないくらいの痛みで、陣痛と変わらないくらいの痛みと表現する人もいます。

 

痛みや出血は人と比較することができないため、子宮腺筋症であるか判断するのが難しいですが、我慢できないくらいの痛みや出血の量が多過ぎると思う場合は、子宮腺筋症かもしれないと疑って検査を受けてみることをおすすめします。

 

妊娠をすることで症状が改善されたという実例もありますが、出産をしてからも症状が出てくる人の方が多いです。

 

 

【意外な落とし穴も…】白井田七の効果・効能まとめ!

 

 

・子宮腺筋症の原因について

 

子宮腺筋症の原因は現在でも明らかになっていませんが、女性ホルモンのバランスの崩れが大きく関係していると考えられています。そう考えると女性ホルモンの分泌量が大きく減少する40代の人に子宮腺筋症が多いのも頷けますよね。

 

また、ストレスや冷えなどで子宮やその周辺の血液の流れを悪くすることも子宮腺筋症になりやすくなると考えられています。

 

もともと女性は骨盤内に子宮や卵巣の他にも直腸や膀胱、尿道などが敷き詰められていて、血液の流れが悪くなりがちな部分になりますし、血流が悪くなればさまざまな不調を引き起こしてしまいます。

 

 

・白井田七で子宮腺筋症の症状を緩和

 

子宮腺筋症で激しい生理痛が生じた場合、鎮痛剤で対応している人も多いと思いますが、日頃から白井田七というサプリメントを飲んでおくことで症状が緩和することが期待できます。

 

白井田七のサプリメントの有効成分には女性ホルモンのバランスを整える働きをもった成分が含まれています。また、血液をサラサラにして血流が滞るのを予防する効果も期待できますし、副交感神経を活性化して自律神経のバランスを整える効果もあるので、ストレスによる子宮腺筋症の症状の悪化を防ぐことも期待できます。

 

できるだけ鎮痛剤には頼りたくないという人や、少しでも症状を緩和させたいという人は白井田七を飲んでみてはいかがでしょうか。

 

下記の記事も見てくださいね。

 

 

白井田七の意外な効果まとめ!肝臓や腎臓、アトピー、痛風、糖尿病、癌に効果あり?